FX初心者マニュアル:DMM FXの取引ツールの使い方と注意点を解説

コロナで在宅ワークが一般的になり、コロナが明けた今でも在宅ワークはすっかり定着してきています。本業・副業問わず、在宅でお金を稼ぐスキルを身につけておくとざまざまな場面で役立つでしょう。
この記事では、在宅で稼ぐ方法の一例としてFXを取り上げ、初心者におすすめのFX口座「DMM FX」の口座開設の方法・取引ツールの使い方・FX取引の注意点を分かりやすく解説していきます。

※FXは、レートの変動により損失が生じる可能性があります。初心者の方は必ず少額の投資から始めましょう。
FXは「Foreign Exchange」の略であり、日本語で「外国為替証拠金取引」と言います。「日本円→米ドル」のように、通貨を売買したときに発生する差額が利益となる仕組みです。

分かりやすくざっくりと説明すると、たとえば1ドルを150円で買ったとします。その後、1ドルの価値が155円に上昇したときに売れば、5円の利益が発生します。
これが1,000ドルの取引であれば、5円×1,000ドルで5,000円の利益になるというわけです。
▲ページの先頭へ
初心者におすすめのFX口座は、DMM FXです。初心者向けのガイドラインがあって使いやすく、口座開設などの対応も非常に速いです。通常、口座開設の申し込みをしてから土日を除く24時間以内(最短30分)に開設が完了します。ログイン情報も簡易書留ではなくメールで届くので、開設完了と同時に取引を始めることが可能です。

DMM FXの口座開設はこちらから↓

口座開設が完了したら、スマホの場合はDMM FXのアプリ、PCの場合は「FX PLUS」か「FX STANDARD」を取引に使用します。
DMM FXの取引ツール
DMM FXの取引ツール
▲ページの先頭へ
DMM FXの取引ツールの使い方について、「入金方法」「新規注文」「決済注文」「約定履歴の確認方法」の順に説明していきます。本記事では、スマホ版アプリの使用方法を解説します。(基本的な手順はPC版のツールでも同じです)

なお、入金・取引・出金ともに手数料は無料です。
トップ画面の「入出金」をタップし、「クイック入金」を選択すると取引資金の入金ができます。ネット上の操作だけで簡単に入金ができます。
最低でも5万円の残高がないとほとんどの通貨を購入できないので、5〜10万円程度がベストです。
DMM FXの取引ツール
DMM FXの取引ツール
入金が完了すると、トップ画面に残高が表示されます。
DMM FXの取引ツール
新規注文の際は、画面下のメニューから「レート」を選択し、購入したい通貨ペアを選択します。
DMM FXの取引ツール
そして、「売買」の項目の「買」にチェックを入れて「確認画面」に進みます。
「買」にチェックを入れて決済時に売る場合、購入した通貨の価格が上昇した分だけ利益になります。
これの逆で、「売」にチェックを入れて決済時に買い戻すことで、価格が下落した分だけ利益になるパターンもありますが、ややこしくなるので初心者はやらないほうが無難です。(うっかり「買」「売」を間違えて決済してしまい、損失につながることもあるため)
DMM FXの取引ツール
注文数量(Lot)=FXにおける取引通貨量の単位
※DMM FXでは1Lotあたり10000通貨(たとえばドルの場合は10000ドル)で、最低でも1Lot以上でないと購入できません。つまり、1ドル100円とすると100×10000で100万円の資金が必要になる計算ですが、DMM FXでは25分の1の資金(この場合は4万円)で取引ができるようになっています。この資金を「証拠金」と言います。

スリッページ=注文確定前に表示されている価格と、約定したときの価格の差の許容範囲
pip=「percentage in point」の略語で、通貨の共通単位(1pipsあたり0.01)
※約定したときの価格が正式な購入価格になるので、値動きが激しいと意図しない金額で約定され、損失を招いてしまうことがあります。スリッページはデフォルトで2.0pips(0.02)に設定されており、上記の画像の例の場合は約定時に91.527から0.02以上の価格差が生じると、決済不能となり損失を防いでくれます。
「注文」をタップすると新規注文が完了します。
DMM FXの取引ツール
決済注文の際は、画面下のメニューから「トレード」を選択し、「ポジション照会」で決済したい通貨ペアを選択します。
ポジション=未決済の通貨ペアのこと
DMM FXの取引ツール
そのまま「確認画面」「注文」と進んでいけば決済できます。
DMM FXの取引ツール
DMM FXの取引ツール
※上記の画像では90円の損失となっていますが、ここではまだ確定しておらず、「注文」ボタンを押したときのレートで損益の金額が確定します。
「トレード」ページの「約定履歴」を選択すると、これまでの約定履歴を確認できます。
DMM FXの取引ツール
なお、口座残高は画面下のメニューから「口座照会」を選択すれば表示されます。
DMM FXの取引ツール
▲ページの先頭へ
FXの取引をおこなう場合は、大損で財産を失わないためにいくつかの注意点があります。
FXで稼ぐスキルは経験とともに身についていく部分もありますが、為替レートの動きを完璧に予測することはできないので、運の要素も大きいです。その意味ではパチンコなどと同じで、生活に必要なお金までつぎ込むと溶かしてしまう可能性があるので、必ず余剰資金だけで運用しましょう。
初心者は必ず少額の取引から初めて、徐々にコツをつかんでいくことが大切です。慣れないうちから大儲けを狙って多額の取引をすると、その分失敗したときの損失が大きくなってしまいます。
FXでは為替レートの動きをつかむことが非常に重要です。「ドル/円」など、為替レートの動きが分かりやすい(ニュースなどで情報収集をしたときに、自分にとって理解しやすい)通貨ペアを選びましょう。

「メキシコペソ/円(MXN/JPY)」「南アフリカランド/円(ZAR/JPY)」などのマイナーな通貨ペアは、避けた方が無難です。
FXで数百万数千万と稼いでいるトレーダーの話を聞いて憧れた方もいるかもしれませんが、FXで大金を稼げる人や、FXだけで生活できる人はほんの一握りです。一獲千金を狙わず、ある程度利益が出たら決済・出金して完了させましょう。

もっと稼げるかも…と続けているうちに、決済前であれば通貨の価格が下がって利益が損失に変わってしまうことが多々あります。また、FX初心者は判断を誤りやすいもの。決済していても出金処理をしていなければ、そのお金をどんどん新しい取引につぎ込んで失ってしまう可能性もあります。

あそこでやめておけば…と後悔しないように、ある程度利益が出たら、いったん熱い気持ちを冷まして、日を改めて余剰資金で次のチャレンジをしましょう。
取引の途中、通貨の価格がどんどん下がっていって損失額が大きくなっていくことがあります。どこかのタイミングで上昇に変わるだろう…と待っているとどんどん損失額が膨らみ、DMM FXでは残高から損失額を引いた残りがポジション証拠金の半分以下になると強制的に決済され(詳しい内容はDMM FXのガイドを確認してください)、その分手持ちが減ってしまいます。ある程度の損失額を超えたら、その時点で諦めて決済(損切り)しましょう。

損切りをすることで、それ以上の損失の拡大を防ぎ、最小限の損失額で済ませることができます。
▲ページの先頭へ
以上、DMM FXの使い方と注意点について簡単に説明しました。
初心者向けの解説なので専門的な内容は極力省いていますが、続けていく中でDMM FXのガイドなどを読んで学んでいくと良いでしょう。誰でも最初は初心者なので、継続することでスキルが身についていきます。

ぜひ、適度な金額で続けてコツをつかみ、本業・副業問わず在宅で稼ぐ術を身につけてみてください。

DMM FXの口座開設はこちらから↓

▲ページの先頭へ
Tweet

>>トップページへ戻る